登校拒否なんて問題ナシ

要はやる気の問題。自分で学力をつけてあとは大学次第

一時的に不登校になっても、それが長期になって次の進学時期まで至っても、以前に比べたらいくらでも道は開けていると言えます。以前は登校拒否する人が今より少なかったため、あまりその進路の選択肢がありませんでした。大検の内容も、普通に高校を卒業するよりずっと厳しいもので、走り幅跳びの数値まで定める、なんて理不尽なことも行われていました。高校でそんな数値が卒業にあたって問題となることなどないのに。でも少数派だったから、従うしかなかったんですよね。
現在は大検もリーズナブルな内容になり、通りやすくなりました。大学自体も少子化で、以前よりずっと入りやすくなっています。不登校だから不利な扱いをする、などという余裕はなくなっているのです。

学力さえつけておけば大学で挽回できる

学歴で見られるのは最終段階、つまり、高校か大学です。高校の場合は、不登校だと入学しづらい場合もあるでしょうが、大学はそうでもありません。大検を通って、学力試験で好成績をとれば、希望の大学に入学できる場合が多いです。大検を避けたかったら、通信制の高校という方法もあります。現在は随分数が増えていますし、その卒業生も多くいるわけですから、大学側は入試選抜の際に、学力以上にそれを気に掛ける余裕はそうないでしょう。
現在は少子化で、選びさえしなければ、大学生になるのはかなり容易になっています。希望する大学に入る場合は、自分で学力をつけておけばいいのです。インターネットを通じて優れた授業を受けることも可能になっています。やる気次第です。

© Copyright Future Of Dream. All Rights Reserved.